うただ☆ひかり

こんにちは。

パラレル・マルチトレーダーの

うただ☆ひかりです♪

 

今回は私の失敗談その2

“ビットコネクト(Bitconnect)”

について 泣きながら まとめました。

 

 

内容としてはビットコマインと同じ

HYIP(ハイプ)案件です Σ( ̄ロ ̄lll) 

ビットコマインについては

以下の記事にまとめています。

【ビットコマイン】わたしのお金、返して!【Bitcomine】

 

 

ビットコマインと

ビットコネクトの違いは

プラットフォームで使われていた

BCC(ビットコネクトコイン)が

一時期時価総額で

10位以内になるくらい

参加者が多かったことです。

LISKより上位だったことも。

 

 

それくらいお金を集めていた

ビットコネクト最大の特徴は

レンディング機能。

平均1日1%の利子が

入ってくるという超高利率だったのです。

 

 

そんな夢のようなコインでしたが

2018年1月16日、

運営はあっさりレンディング機能を停止し

BCCは一夜で90%の下落。

ユーザーはビットコネクトで

レンディングしていた資金を

363ドルあたり1BCCに換算され

BCCで返還されました。

 

 

破たんしたHYIP案件では

恐らく最大規模のビットコネクト。

それを今回はご紹介します。

(今回ビットコネクトXについては割愛)

 

 

ビットコネクトとは?

 

ビットコネクトは

「レンディング機能のある

オープンソースのコイン」

とされていますが、

レンディングはネット上の

プラットフォームで操作していたため、

コインの機能として備わっていたかは謎です。

 

 

ウォレットに入れているだけでも

利子がついていたり、

マイニングもあったそうですが

私はそれらには参加していませんでした。

 

 

ビットコネクトは

「ビットコインの普及のために

つくられたコイン」

と公式のページにもありましたが

ビットコインと運営との関係は謎。

 

 

こんなツイートをしている方もいますが

真偽はわかりませんヽ( ´_つ`)ノ

 

利子は日によって変動もありますが

平均して1日1%くらいでした。

(↓ビットコネクトの日利のグラフです)

「0%の日もあるから逆に安心」

とおっしゃっていた方もいましたが

今となっては

「そんな操作もしていたかもね」

と思ってしまいます。

 

 

また、投資した金額によって

ボーナスが0.1~0.25%つきました。

 

 

欲どおしい私は迷わず

10010ドル以上イン!

結果、見事に大爆死です。

当時の自分にヤクザキックかましたい。

ヘ(o゚益゚)ノ ㌦ァァァ!!!

 

 

なぜこんな高利率を配当できたのか?

これが説明できる方は恐らくいないと思います。

 

ポンジースキームだからでしょ?

というのが今の最適解かな・・・。

公式では

「トレードやマイニングや・・・いろいろ!」

とありました。

(公式にあったビットコネクト収益についての図)

 

 

運営会社は?

 

現状のwebサイトから

運営者の情報をとることはできません。

(現在Contact usに会社の表記なし)

 

しかし調べると、どうやら

会社はイギリスにあるそうです。

後述の解散勧告も

イギリスで発行されたものでした。

 

会社に電話をした方の動画がこちら。

(最初の音量が大きいので飛ばしています)

英語わからないので、

結末がわからずモヤモヤします。

わかる方、どうか教えてください。

 

 

そしてビットコネクトは仮想通貨の

イベントの主催もやったり

参加したりもしていました。

 

それも正常化バイアスの後押し、というか

信用を得る一因だったと思いますが、

少なくともこのイベントの様子の動画を見たら

参加していませんでした・・・。

(ヘヘイヘーイ…ワッサワッサワッサ、ビットコネーーーーーク!)

とか歌うやつ、

信じるなんて正気じゃない。

 

 

ビットコネクトがこんなに流行った理由

 

ビットコネクトは

アフィリエイトシステムがありました。

被紹介者のレンディング資金の

5%が紹介者に入ります。

100万円入れたら5万円!

かなり魅力的です( ´艸`)

 

この大きな報酬目当てに

日本でも紹介する人が多かったですが

あまりにおいしい話すぎて

日本での参加者は多くなかった模様。

よかった、私みたいに爆死した日本人は

少なかったんだ・・・。

 

しかしアフィリエイト目当てで

必死に勧誘してたからものすごーくマルチ臭が

すごかったのを覚えていますw

また、被紹介者がさらに紹介すると

最初の紹介者に3%紹介報酬が!

さながらねずみ講・・・。

 

また、運営期間も1年以上と

HYIP案件では長寿でした。

それも被害者が増えた一因だと推測。

えぇ、心当たりが。( ̄ω ̄;)

 

●超高利率おいしいです(^q^)

●アフィリエイトおいしいです(^q^)

これらの理由で海外では流行ったのでは

と思っています。

みんな欲しがりだなぁw

 

 

 

なぜビットコネクトに参加したか

 

今となっては後悔しかありませんが、

当時投資に関して信用していた方から

いただいた情報だったので

鵜呑みにしてレッツダイブ!

その人もお金を出して買った

情報だと言っていました。

 

自分で少し調べたりもしましたが

「怪しそうやけどこれが本物なんだー」

と疑いもしませんでした。

 

自分でたどり着いた情報だったら、

もっと精査してましたよ。

というか多分参加してない気が。

怪しいという直感すら打ち消す

正常化バイアス恐ろしい・・・。

真面目な話、これで損している方は

ものすごく多いと思います。

 

 

幸運だったのは私自身は身内以外に

これを紹介しなかったことです。

その方は50人以上紹介し、

アフィリエイト報酬を得ていました。

 

 

 

ビットコネクトの終焉

 

順調に日利1%をたたき出していましたが

年末にメンテが長引いて

ログインできない時間が長い時がありました。

 

その時のツイッターは大荒れ。

(ただし英語圏)

しかしログインできるようになると

「Bitconnect looooove!」

と見事なまでの手のひら返しwww

 

それから数回そんなこともありましたが

結局きちんとログインできるので

だんだんユーザーも鍛えられた

慣れてきたように思います。

 

 

1月6日にテキサス州から停止命令を受けても

運営は「善処しているので安心して」

と平然としていたので

そんなに騒ぎになりませんでした。

(現在公式の該当記事は削除)

 

しかし1月14日くらいから

ログインできなくなり、

1月16日に

「命令に従ってレンディング機能を停止、

ユーザーに返金します」

と発表し、突然終わりました。

 

その後まもなく

運営と各国のサポーターがテレビ会議で

今後の方針を決定した内容で

70ドルくらいまで値を戻しましたが、

結局状況は全く動かず、

現在は1ドルを切っています。

 

 

日本の「公式認定サポーター」

というチームもいましたが、

今はもうwebサイトもなくなり、

LINEでの応答もしなくなり、

ツイッターのアカウントも

リップルマイニングを勧めている

変わり身っぷりです(≡д≡)

責任感のなさはともかく、

損切の速さは見習っていいのかも。

 

 

 

ビットコネクトはポンジースキーム?

 

断定はできませんが、

現状資金が360分の1以下になった結果を見ると

そう言われても仕方がないと思います。

 

ビットコネクト社のあるイギリスで

こんな通告がありました。

11日7日に通告されていますが

「2か月以内に収益モデルを明らかにして

詐欺でないと証明するか、解散すること」

とあります。

引用元記事(英文サイト)

 

 

そして1月16日にレンディングは終了。

運営は

「レンディング終了後も

ニュースサイトやウォレットとして

存続して、レンディングに変わる

収益モデルで存続する」

と発表していましたが

ニュースの更新自体

1月19日で途切れています。

三日坊主すぎない?Σ(゚皿゚)

 

 

一説では、

通告を受けた時点で解散が決まっていた

(時期としてもぴったり)

テキサス州の命令はただの口実

など、もともと手じまう

予定だったとも言われています。

 

 

ちなみに現在、

1月6日の発表も

1月16日のレンディング停止の発表も

該当記事は削除されています。

 

ねぇねぇ、ニュースサイトの矜持は?

更新しなくなっても記事の削除は

きっちりやってるのねー(棒)

 

 

 

まとめ

 

ビットコネクトレンディング機能を

停止してBCCは1ドル以下の

草コインとなり果てました。

(運営もサイトの更新もアクション無いし、

ノープランなのでもはや草コインでしょう)

 

多くの方から見て

「やっぱりね」

という結末だと思います。

 

今となっては、

気付こうと思えば気付けた点が多く

個人的にはビットコネクトの運営よりも

参加してしまった自分への

怒りの方が強いです。

_:(´ཀ`」∠):_

先述のイギリスからの通告についての記事は

私が1万ドル入金する前に出ていたもの。

探そうと思えば探せたものでした。

 

 

お師匠にすべてが終わってから

事の顛末を告白しましたが

案の定、ちびるかと思うくらい激怒。

でも

「教えてる方法で稼げてるのに

なんでそんなものに・・・」

と悲しまれる事の方が

辛かったです。

失った金額より、こんなものに手を出して

お師匠に失望された方が

私には堪えました。

 

 

普通に考えて、

「預けておくだけで1日1%の利子が入るよ!」

なんてあり得ません。

 

十分に危険なものであると

わかっていたはずなのに

欲に負けて「大丈夫!」と思い込みました。

なにもせずに1日1%のお金が入ってくる

未来を信じたかったんですね。

m【´;ω;`】m

 

 

これらの経験を経て

「○○するだけで莫大な利益」

「誰が言ってるから大丈夫」

「運営期間が長いから大丈夫」

と考えるのは

非常に危険だと学びました。

 

 

ポンジースキームの場合、

時間が経てばたつほど

破たんの可能性は高くなります。

なので、HYIPは

「長く続いているから大丈夫」

と安直に考えるのは危険です。

むしろ

「長く続いているから

いつ破たんしてもおかしくない」のです。

 

 

じゃあ、デビューしてすぐのが

安全なの?と思われるかも知れませんが

安全なHYIPなんかありません!

 

 

私は個人的に、

「頑張らないで稼げる方法はない」

と思っています。

お金持ち同士で回っている情報で

一見楽に稼いでいる人もいますが、

その地位になるまで、その情報をもらうために

想像もつかない努力をされているはずです。

きっとキングオブコインもそう。

 

FXや株のトレーダーの方も

稼げるようになるまで

並々ならぬ努力をされたことでしょう。

 

私も稼げるようになるまで

すごく頑張りました。

(それ以上にお師匠が大変だった

気がしますが(;^ω^))

 

 

この一件以来、

心を入れ替えてお師匠の教えを

より忠実に行ったことで、

お師匠の信頼もなんとか回復ました。

結果にも如実に反映され

前よりも稼げるようになってきたのは

嬉しい限りです。

 

 

君子危うきに近寄らず!

怪しい案件には

初めから近づかないようにしてください。

これを読まれている方には

私のような目にあって欲しくありません。

 

 

無料メール相談受付中

 

もし、思うように稼げてなかったり

損失になっていたら

お気軽にご相談ください。

 

 

私が相談したことで

堅実に安定した利益が

出せるようになったように、

きっとあなたの近道になるようなことが

お話しできると思います。

 

無料メール相談はこちらから

 

 

 

ひかりのメルマガ

「パラレル☆マネーメール」

 

「今のままでいいのかな?」

「どうしたら現状を打破できる?」

「もっと悠悠自適に暮らしたい」

と思われている方は

ぜひ、一度登録してみてください。

 

 

パラレル(平行して)投資して

実際に稼いでいる私が、

稼げるようになるコツと、

最短距離を

メルマガでこっそり

お伝えします( *´艸`)

パラレル☆マネーメールの登録

 

 

うただ☆ひかりでした♪