うただ☆ひかり

こんにちは。

パラレル・マルチトレーダーの

うただ☆ひかりです♪

 

今回は

「国連に表彰されるエンジニア!

金森力の世界が変わるICO

シェアプロジェクト

について紐解いていきます♪

 

引用:http://cryptoasp.net/movie/chap1/

 

瀬尾恵子氏の160倍確定ICO中止から

まもなくのこの無料オファー。

(そのオファーの詳細はこちらです。)

【160倍確定】瀬尾恵子の規格外ICO ゴールドマンサックス在籍は詐称!

 

今度は上場確定

「100倍になる可能性が最も高い」

のだそう。

コピーが気持ち弱気になってるw

 

今回のコインもアプリや

ゲーム絡みみたいですね。

ではでは見ていってみましょー☆

 

 

 

追記 SHARE(シェア)コインICOスタート!

SHAREコイン購入レート

こちらはサーバートラブルもなく(笑)

順調なすべりだし。

マイイーサウォレット使うだけ

気持ちマシな気がするのは

最近のICOがひどすぎるからですよねw

 

そんなSHAREコインのレートがこちら。

1ETH=2720SHR

1ETH=544$(もっと高くない??)

わかりやすく1ETH6万円で考えると

1SHRだいたい22〜25円くらいですね。

 

 

100倍は保証されたものではない?規約に注意!

そんなSHAREコインの規約がこちら。

利用規約
SHARE Coin のご利用には、いくつものリスクが伴います。
SHARE Coin は、いずれの法域においても有価証券の性質を有するものではありません。
この利用規約(以下、本規約)は、reis rant(以下弊社)がこのウェブサイト上で提供するサービス(以下本サービ ス)の利用条件を定めるものです。
本サービスは、投資を勧誘するものではなく、いずれの法域においても決して有価証券の募集には該当しません。
購入者の表明及び保証 SHARE Coin のトークンセールに参加することにより、購入者は弊社に対し以下の事項を表明し保証するものとします。
・購入者は、購入者が居住する地域で適用される法律に従って、SHARE Coin を購入する権限及び全面的な能力を有します。 ・購入者は、SHARE Coin の購入が購入者にとって適切か否かを決定する責任を購入者自身で負います。
・購入者は、SHARE Coin 購入のリスク、費用及びその他一切のデメリットを慎重に検討し、SHARE Coin 及びトー クンセールに伴うリスク、費用及びその他一切のデメリットを理解しました。 ・購入者は、投機的な投資を目的として行為していません。
・購入者は、SHARE Coin が購入者の法域におけるいかなる形式の有価証券にも当たらないことについて同意し認識し ています。
・SHARE Coin の購入を希望する場合、購入者は SHARE Coin が以下のいずれにも分類されず、取り扱われないこと につき同意し、認識しています。 (a) 弊社が発行する社債、株式又は株券 (b) かかる社債、株式もしくは株券に関する権利、オプション又はデリバティブ (c) 利益の確保もしくは損失の回避を目的もしくは建前上の目的とする CDF 契約その他の契約に基づく権利 (d) 集団投資スキームの持分 (e) 事業信託の持分 (f) 事業信託の持分のデリバティブ (g) その他一切の有価証券もしくは有価証券の種類 ・購入者は、SHARE Coin は資金決済法上の仮想通貨に現時点では該当しないことを認識しています。
・購入者は、現時点で SHARE Coin を利用して、弊社に対し、何らの権利行使もできないことを認識しています。

引用:http://user.shr-coin.com/assets/pdf/terms.pdf

有価証券ではない、仮想通貨ではない

ということを強調して

金融法を意識しているように思いますね。

 

そして気になる文言は

購入者は、現時点で SHARE Coin を利用して、弊社に対し、何らの権利行使もできないことを認識しています。

というところ。

「返金を求めることはできないよ」

ということでしょうか。

どのみち、価格上昇も

使用用途も保証されていないので

購入はリスクが高そうです。

 

追記 金森氏激おこ!シェアコイン、売れ行きあんま良くないの?

動画を消したりセールスページを消したり

痕跡消しに余念のないシェアコインICO。

これも瀬尾恵子氏の160倍ICOを

彷彿とさせますねw

 

そんな金森氏、今日はLNE@で

いたくお怒りでした。

こんばんは、金森です。

今日私は怒っています。

なぜなら、運営スタッフより会員サイトに登録して音沙汰無い人が複数いると聞いたからです。

今回、私は数日間に渡ってシェアコインで神田響子さんに人生を激変させて欲しいと思い、動画やメール、ラインで私の想いを伝えてきました。

イーサリアムのICOのチャンスの時に、必死になって働き、必死になってお金を借り、必死になってお金をかき集めました。

そのなけなしの200万が今では50億円という大金になったわけですが、
私がしたのは

【チャンスを自分で掴みにいった】

ということです。

今回数万人の方と個別にやりとりさせてもらい、大多数の方がチャンスを掴みに来てくれました。

本当にうれしく思います。
そのチャンスを掴みにきてくれた人たちをICOで成功させ、稼がせるのが私のミッションと思っています。

しかし私がこれだけのチャンスを提供しているのにも関わらず、一部の人は

ただただお金をください。
お金をもらったら増やしてお返しします。
お金貸してください。

というような初対面の人にそんなメッセを送ってくるような頭のおかしい人や

先にも言った、会員サイトに登録してチャンスを掴みに来たのに
その後音沙汰ない人、連絡が急に途絶える人…

人としておかしいと思いませんか?

正直私は、人としてちゃんとしてない人が大金を得たとしてもろくなことにならないと思うので、このチャンスを手にしないで欲しいと思うまでになりました。

大多数の人がちゃんと対応しているのにも関わらず、一部の人たちのせいで非常に不愉快です。

会員登録をしている人で、人とちゃんとしていて、送金する意思がある人はこちらのラインから私に直接連絡してください。

なかなかのパンチ力ですね(・∀・)

 

まず金森氏にツッコみたいのは

国連の団体に表彰されるような

アプリつくってた会社、

そんなに給料安かったの??

というところです。

 

そんなすごい会社にいたのに

200万円出すのに

必死で働いたり借金しないといけなかったの?

投資にそんなお金回しちゃダメ。絶対。

これ、イーサが上がらなかったら

どうしてたんでしょうね。金森氏。

 

あと、頭のおかしい人と断じていますが、

「ただただお金をください。」はともかく

「お金をもらったら増やしてお返しします。」

「お金貸してください。」

は100倍になるってわかってるんだから

ちゃんと借用書つくって

貸してあげたらいいんじゃないでしょうか?

金森氏お金持ちだしwww

 

多分、ぱっとコイン買える人より

そんな人のほうが

人生変える必要性があると思うんですよねー

 

また、途中で連絡途絶えるなんてザラです。

普通のICOでも全然あることです。

私も何度か海外のICOでやっちゃってますしw

メアド登録だけして結局送金しないみたいな。

金森氏、ICO参加したこともないのかな?

 

私は怒る意味がわからなかったです(・・;)

よっぽど売れなくて焦ってるんだろな

 

 

シェアプロジェクト

特定商取引法に基づく表記

今回は画像でした。

コピペ対策!?

文字起こしした結果こちらです。

販売者名 reis rant
所在地 61 robinson road singapore
運営統括責任者 riki kanamori
個人情報について 当社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。
お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。
当該個人情報は、お客様の同意を得た場合、法律によって要求された場合、あるいは当社の権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き、第三者に提供する事はありません。
なお本キャンペーンご登録された場合、当アフィリエイトセンター、運営関連者のメールマガジンを送ることに許諾いただいたものとします。

 

名前の最初をなんで大文字にしないの?

それが最近のセオリーなの?

英語慣れしてない人が

作ったんでしょうか?

私も英語できないけど。

 

そして電話番号、メールアドレス

ともにナシ!(゚Д゚)

連絡とれねぇー!

リスクしか無いわー!

 

 

所在地はシンガポールですね。

なかなか立派でオシャレなビルです。

 

引用:https://www.commercialguru.com.sg/project/robinson-centre-20066

 

・・・・・・・。

でもレンタルオフィスですね。

 

イーサを74000ほど

持ってる人がレンタルオフィス。

ちょっとケチすぎやしない?

 

 

国連で表彰される凄腕エンジニアw金森力氏とは?

今回のセールスページは

急ごしらえなのか予算がないのか、

すごーく短くて内容がありません。

動画に関しても音も画像も良くない。

お金と時間かけれてない感満載ですw

 

なので金森氏の

プロフィール画像もないんですよ。

そんな金森氏のLINE@の

プロフィール画像がこちら。

 

 

普通のおじさんです。はい。

そんな金森氏のプロフィールを

動画から箇条書きに起こしました。

 

システム開発を20年以上。
日本で大手都市銀行の金融システムに携わった後、フィンランドに移住。
アプリ開発を11年する。数百万人規模で使うアプリも含め、200以上のアプリのプロジェクトに携わる。
その大規模なアプリでワールドサミットアワードで表彰される。
それをきっかけにフィンランドの大統領と会食も経験。
さらにそれが縁でマース・グローバル社と今回のプロジェクトに携わるというか金森氏主導でやってる。
仮想通貨の開発に携わるようになってからシンガポールに移住。
ブロックチェーン技術が出てきてそちらの方に未来・可能性を見出し仮想通貨の業界に4年。

所属投資コミュニティは世界中で約3万人。でも今回それに関わる案件じゃない。

 

やっぱり全体的に

ふんわりしてますねー

ふわふわやわらか仕上げ。

 

 

言及されていた

ワールドサミットアワードは

実在するアワードです。

ワールドサミットアワード公式ページ

 

でもそんなすごいのに表彰されたら

何かしらwebサイトに残ると思うんですが

フィンランドのGoogleで

Riki Kanamoriを検索しても

何も出てきませんでした。

 

 

 

そしてワールドサミットアワードに

言及するシーンがこちら。

???

日本語としておかしくない?

 

恐らく正しくは

「国連が主催する

ワールドサミットアワードで

とある賞を受賞した」

ということだと思いますが、

この発言だと

ワールドサミットアワードが何か

そもそも理解していない気がします。

 

 

そのワールドサミットアワードで

表彰された証拠?がこちらだそう。

 

ボッケボケで

なにひとつわかりゃしねぇ(・Д・;)

 

はっきり見られても困るので

ワザとだと思いますが

今回のオファーは

全体的に完成度低めです・・・。

 

 

そんな金森氏、

なんとイーサを74000ほど

お持ちなのだとか。

その証拠画像がこちら。

これも合成だと思います。

 

せっかくだし、この際

私の大金もちっぷりも

ご覧いただきましょうw

 

 

私の戦闘力は530,000です(´_ゝ`)

ほら、なんの証拠にもなりません。

 

 

 

追記 提示した写真は拾い物!WSA受賞詐称疑惑

あとで金森氏の提示した写真をみて気づきましたが

これ、2016年か2018年の写真じゃない?と。

向かって一番右端の人の横に書いている

西暦が2016年か2018年。

金森氏、4年前から仮想通貨参入なので

2014年以前に受賞したはずですよね?

 

てことは拾い物だ!と思って

google先生に聞いてみました。

我々スタッフ一生懸命探しました。

そしてね、見つかりましたよ。

world summit awardで検索して

割とあっさりと。

 

元画像の一つがこちら。

引用:https://blog.thesocialcoin.com/en/global-champions-at-the-world-summit-award/

画像が小さいけど、2016って書いてますね。

あれれー?おかしいなー?

 

大人数のほうはこちら。

引用:https://www.techjuice.pk/world-summit-awards-calling-applications-of-digital-innovators/

真ん中の4人のうち3人が

上の写真と同じ人物ですね。

東洋人ぽい人が「金森氏です」

って言い張るんでしょうか?

 

でもそもそも2016年のには

設定上参加しないはずなのに

おかしいですね(・∀・)

2016年はシンガポール開催だから

「近くだし顔だしとこかー」

みたいなノリだったんですかねw

 

 

 

シェアプロジェクト、気になるICOの中身は?

 

完成度が低いともっぱら

私の中で話題の第1話がこちら。

 

最初から結構煽ってきますw

あふれ出るブロックチェーンの

根拠の無い万能感。

 

アップルもグーグルも

仮想通貨アプリ出してないから

比較ムリじゃない?

 

この部分、160倍確定ICOと

ちょっとかぶってきますねw

 

 

なぜ金森氏が

そんなすごいICOを紹介できるかというと

ICOの時ってそんなに

開発側の門戸開かれてるの?

でも誰とは言及せず、

相変わらず内容はふんわりしてます。

 

そんなコインの内容はこれ。

何ひとつ具体的じゃない。

ゲームなの?実用アプリなの?

何が出来るアプリなの?

 

これだけの情報だと

「ブロックチェーンを使って

予測できない無意味な動きをする

棒人間の動画をひたすら眺める

アプリのコインのICOです」

という可能性もありますよね。

 

 

その可能性が

完全に否定出来ない発言がこちら。

「使って遊んだり見たり聞いたり」って

とりあえずそのアプリで

具体的に

なにができるんだ!?

 

そもそももらえないと思います。

 

・・・・。

 

激しく同意ーー!

表情も煽り画像で使えそうな完成度w

ここだけは好き。

 

動画は本当にこの流れでしたw

この場面は見ても面白いと思います。

 

 

全く内容はわかりませんが

(また)有名企業が

携わっているようです。

大企業相手に金森氏主導って

大きく出たな!(☼ Д ☼)

 

話題のマース・グローバル社、

トヨタ系金融やあいおい損保が

出資している

有名アプリ開発企業のようです。

参考:日本経済新聞

 

そんな企業がICOに関連してたら

フィンランドでさぞ

話題だろうと思って検索するも

ヒットせず。

 

大企業のネームバリューで

大物感出しておこうってあたりが

瀬尾氏の中止案件に

似てる気がします。

 

 

でもアプリも完成、

コインも完成していたら

その段階で

資金調達する意味

あるんですかね?

 

もしかして今回も

プライベートセールじゃないの?

 

結局、瀬尾氏の中止案件も

ICOと言いつつ

プライベートセールでしたし。

 

まっっっっったく

内容がわからなかったので

2話以降に期待ですね☆

 

 

追記2 マース・グローバル社「カナモリ?誰?それ」というお返事w

実はこっそりメールで金森氏のことを

マース・グローバル社に聞いていました。

昨日期待通りのお返事が!

 

そして今日、Maruiさんから

ありがたい情報をいただきました。

マース・グローバル社、

金森氏知らないんですって。

 

 

私の方のメールはこちら。

そしてマース・グローバル社

Jonnaさんからのお返事。

 

日本語訳はこんな感じです。

突然すみません。
私は英語が得意ではありません。
失礼があれば許してください。
このICOプロジェクトについてお尋ねします。
彼はあなたの会社とこのプロジェクトを進めていると言います。
彼はRiki Kanamoriです。
これは彼の営業ページです。
http://cryptoasp.net/movie/chap1/
彼はブロックチェーンアプリケーションでこのコインを使用すると言いました。
このコインは、7月7日に取引所に上場されます。
Riki Kanamoriをご存知ですか?
この情報は本当ですか?
お返事いただけると幸いです。

クイック検索ではRiki Kanamoriはヒットしませんでした。
彼がそれが私たちに関係していると言って何かを売っているならば、
私に連絡するように彼に頼んでください。
私は少なくともそれを認識していません。
ご協力いただきありがとうございます。

私、金森氏に連絡しなきゃwww

でも金森氏に連絡とれないw

連絡とれない旨をお返事しておきます。

 

こうしてツイッターとメール、

マース・グローバル社から

ダブルで関与を否定された金森氏。

 

彼はいったいどこの企業と

どんなプロジェクトを

進めているんでしょう?

 

しかしフィンランドの企業にも

こうして気軽に

問い合わせができる時代。

ネットビジネスで

でっち上げをするには

やりづらくなりましたねw

 

 

 

追記3 第2話公開!マース・グローバル社どこいったw

第2話が公開されましたが

忽然と消えた

マース・グローバル社の名前w

 

金森氏に警告された方もいらしたし、

マース・グローバル社から

直接のクレームも考えられますねw

 

そしてマース・グローバル社が

なかったかのように

話は進んでいきます。

 

 

アプリ開発は金森氏という設定は

生きているようですねw

ちょwネーミングセンスwww

文字もレインボーグラデとか

まじパないwww

 

600兆円のアプリ市場の

20%シェアを狙うとか。

アップルストアやグーグルプレイと

並ぶ勢いらしいですよ。

金森ストア。

 

 

そんな金森ストアで使うコインは

段階を経て100倍を目指すそう。

こういう案件に

ありがちな自信ですねー(・∀・)

 

7月7日の上場は

どうやら小規模の取引所のようです。

 

意外ですがこの上場手法、

実は私は有効だと考えています。

現にこの段階を踏んで上場するコインが

最近多いのです。

「ちょっとは勉強してるな」

と関心したのはつかの間、

第3話でずっこけることに・・・。

 

 

 

追記4 ICO開始日確定!第3話公開

「禁断のマーケティングで

ICO割れを回避します!」

↓↓↓↓↓↓↓

「買い支えします!」

 

マジかよΣ(゚ω゚ υ)

思いのほか秘策がしょぼくて

ビックリですw

 

コインの名前は

シェアコイン。

まんまやな!

 

そんなシェアコインの

あらましはこんな感じ。

自腹wwwだと参加者損しないね!

この石川氏、

結構いい仕事するんですよw

 

(大企業とは言っていない)

 

???広告主?

企業が動画見るの?

ユーザーじゃなくて?

 

石川氏、まとめがてら訂正w

ほんと今回金森氏がポンコツすぎて

石川氏の頑張りでもっています。

このプロジェクト。

 

それブロックチェーンで

なくてもよくね?(;゚д゚)

 

スマートコントラクトの

過小評価www

コントラクトの意味わかってるかな?

 

うっかりすると

ねずみ講みたいになるよね・・・。

あとシェアコインに価値がなくなったら

ただの電子のクズのやりとりよね。

 

ざっくりまとめると

「金森ストアのアプリでは

広告主がいて、広告の動画などを

ユーザーが見るとシェアコインがもらえる。

シェアコインは取引所で購入。

ユーザーは申請などしなくても

ブロックチェーン技術で

閲覧履歴が記録され、

スマートコントラクトを使って

自動的にシェアコインが配布される」

ということのようです。

 

Tポイントとか

勝手に付与されてるけど、

あの仕組み使うんじゃダメなの?

そんな大げさな仕組みいる?

 

無理やりブロックチェーンと

組み合わせた感が否めない。

 

そしてやっぱり金森氏は

技術者ではないですね。

しゃべりも台本以上はできない

中年のおじさんです。

 

ちなみに動画の中では

「イーサリアムもリップルも

名だたるコインで

プロダクトが完成しているものは

ひとつもない」

と言っていましたが、

完成とはどこをとるのかにもよります。

 

挙げられたコインは

「実用はできるけど

プラットフォームの

アップデートを繰り返している」

という意味では未完成です。

そういう意味で完成というなら

「一旦実用化したら

アップデートしないコイン」

ということになります。

開発が止まったコインです。

新しい技術が出てきても

取り入れられることがありません。

 

完成したプラットフォーム内で

使われているコインは

今でもたくさんあります。

 

私はシェアコインの

独自の優位性が全くわかりません。

そこはもっと詳しく

開発者の金森氏に

教えていただきたいですね(・∀・)

 

ちなみにICO開始日は

6月1日。

どんな結果になっていくのか

見守っていきたいと思います♪

 

 

 

上場日は7月7日!でもどこに?

 

さらにこれ、上場日も決まっています。

でも動画では

金森氏は出し惜しみをした末

白状するも、

「ピーーーー」という音で

伏せられていますw

 

セールスページと

動画で連携取れてないw

 

やっぱり急ごしらえの

オファーかな?と思っちゃいますねw

 

ただ上場日が決まっていても

日本人が取引できない取引所だと

かなーり困ります。

身動きがとれず、

上がろうが下がろうが

強制的にガチホです(・∀・)

 

上場日より

どこに上場するかのほうが

大事ですねw

しかし上場日を言うということは

バイナンスではなさそうです。

バイナンスは公式発表以前に

情報を出してしまうと

ペナルティがありますし。

 

どこに上場か注目ですw

 

 

 

まとめ

 

瀬尾恵子氏の中止案件

「160倍確定ICO」の

生まれ変わりのような

タイミングで出てきた今回の

「世界が変わるICO・

シェアプロジェクト」

 

金森氏の素性もわかりませんし、

マース・グローバル社が関わってる

(もしくは名前を使われている)

ことと、

何かのアプリに関係するコイン

ということ以外全くわからない

謎オファーですw

 

特定商取引法に基づく表記も

黒光りする勢いのNGっぷりですしw

 

もしICOではなく、

プライベートセールだった場合、

トークンの配布はロックアップ解除後なので

上場してだいぶ経ってから

という可能性もあります。

そうなると恐怖のICO割れも・・・!

 

最近のオファーでは

「ICO=仮想通貨が安く手に入る機会」

として扱われていますが、

そもそもICO自体が

開発のための資金調達なので

プロダクトができあがってから

ICOというのもちょっとおかしいのです。

 

そしてこのオファー、

最後まで煽ってきます。

大きなお世話だw

 

 

君子、危うきに近寄らず

な案件だと私は判断します。

 

また情報が出てきたら

追加していきますね♪

 

 

無料メール相談受付中

 

もし、思うように稼げてなかったり

損失になっていたら

お気軽にご相談ください。

 

 

私が相談したことで

堅実に安定した利益が

出せるようになったように、

きっとあなたの近道になるようなことが

お話しできると思います。

 

無料メール相談はこちらから

 

 

 

ひかりのメルマガ

「パラレル☆マネーメール」

 

「今のままでいいのかな?」

「どうしたら現状を打破できる?」

「もっと悠悠自適に暮らしたい」

と思われている方は

ぜひ、一度登録してみてください。

 

 

パラレル(平行して)投資して

実際に稼いでいる私が、

稼げるようになるコツと、

最短距離を

メルマガでこっそり

お伝えします( *´艸`)

パラレル☆マネーメールの登録

 

 

うただ☆ひかりでした♪